奈良市・生駒市で遺産相続・遺言・成年後見・終活相談は、オフィス彩りへ

相続・遺言・成年後見・高齢者支援を専門にした女性専門家が親身に対応

奈良の遺産相続・遺言相談オフィス彩り

日本行政書士会連合会 第13280909号 奈良県行政書士会 第827号 代表者 行政書士長森 和奈

イーワイロドリ  

0120-18-1610

相続手続きお困りごとQ&A
  ~遺産分割協議編~

よくあるご質問

ここで遺産分割協議に関してよくあるご質問をご紹介します。

遺産分割協議って何?

故人の遺産を相続人がどのように相続するかを決める手続きのことです。

故人が遺言書で各相続人への相続分を指定していたり、相続人が一人しかいない場合には必要のない手続きです。相続人間で、遺産をどのように分けて相続するかを確定し、相続人全員が同意をしたことを証する書面を「遺産分割協議書」といいます。なお、実際に全員が実際に集まって話し合わなければならないという決まりはなく、相続人間で合意できれば郵送のやりとりで遺産分割協議することも可能です。なお、当事務所では遺産分割の割合でモメている場合はサポートすることができません。相続人間で交渉が発生する場合は、弁護士と個別契約を結んでいただく必要があります。

遺産分割協議書がないと相続手続きができないの?

相続分が確定していない状態での相続手続きは実務上できません。

実際に相続人間で遺産分割の合意ができていても、それを遺産分割協議書で残しておかないと、実際の相続手続きはできません。先述のとおり、遺言書での相続分の指定があるなどを除き、銀行の預貯金口座の手続きや不動産の名義変更手続きには遺産分割協議書の添付を求められます。遺産分割協議書には、特に決められた書式はありませんが、相続人全員の署名捺印が必要です。一人でも遺産分割や押印に非協力的な相続人がいると、遺産分割協議書を作ることが難しいので注意してください。