奈良市・生駒市で遺産相続・遺言・成年後見・終活相談は、オフィス彩りへ

相続・遺言・成年後見・高齢者支援を専門にした女性専門家が親身に対応

奈良の遺産相続・遺言相談オフィス彩り

日本行政書士会連合会 第13280909号 奈良県行政書士会 第827号 代表者 行政書士長森 和奈

イーワイロドリ  

0120-18-1610

相続手続きお困りごとQ&A
   ~銀行窓口編~

よくあるご質問

ここでは銀行の預貯金口座の相続手続きに関するよくあるご質問をご紹介します。

故人の預貯金の払い戻しをするにはどんな書類が必要なの?

各銀行の所定の届出用紙、相続関係の分かる戸籍謄本、相続人の印鑑証明、遺言書、遺産分割協議書などです。

預貯金の相続手続きとしては、口座の名義変更か相続人への払い戻し手続きとなりますが、故人名義の預貯金口座の名義変更、払い戻しを受けるには各銀行によってそれぞれ手続き書類が決められている場合がほとんどです。ゆうちょ銀行は特に様式に厳しく、所定用紙の記入が大変です。なお、故人が公正証書で遺言書を残している場合は手続きもスムーズですが、自筆証書遺言の場合は検認調書や検認済証明書が必要です。遺言書がなく、相続人が複数いる場合は遺産分割協議書を提出する必要があります。

私は妻なのに、亡くなった夫の口座から勝手に引き出せないの?

たとえ奥様であっても、亡くなったご主人さまの預貯金を勝手に引き出すことは避けたほうが良いでしょう。

たとえ夫婦が一緒に貯めてきた預貯金口座であっても、口座名義がお亡くなりになったご主人である以上は、相続手続きを経ずに払い戻しを受けたり解約することはできません。しかし、銀行口座が凍結していない場合で、奥様以外に相続人がいないなどの後のトラブルの懸念がないご事情があれば、ATMから生活費を出金するぶんなどはあまり神経質にお考えになる必要はないと考えます。

どうして銀行は、亡くなった人の口座を凍結するの?

故人の銀行口座を残しておくことは、銀行の事務手続き上望ましくないことのようです。

銀行は、どなたかがお亡くなりになったことが確認できた時点で、その故人の預貯金口座からの引き出し、引き落としなどをできなくしてしまいます(これを口座の「凍結」と言います。)。銀行としては、故人の預貯金口座はもはや引き出しや払い戻しができる本人が存在しないため、事務手続き上は一旦凍結し相続人の相続手続きを待つ他になく、事務手続きの運営上そうせざるを得ないというようです。

銀行はどうやって亡くなった人の情報を知るの?

新聞の訃報、家族からの連絡などで知ります。

よくある誤解なのですが、銀行は特に市町村と連絡を取り合っているなどで積極的に亡くなった方の情報を集めているわけではありません。そのため、普通の個人さまがお亡くなりになっても口座は必ずすぐに凍結されるとも限らず、その場合実務上は相続人が相続手続きを申し出た段階で一旦凍結し、相続手続きを受け付けるという流れになります。

遺言書で相続人が指定してあれば、すぐに引き出しができるの?

公正証書遺言、検認済みの遺言書であればその相続人名義の手続きができます。

遺言書がある場合で、特定の預貯金を特定の相続人に相続させる旨の記載が有れば、その相続人が単独でその預貯金遺産の解約や払い戻し請求が出来ます。遺産分割協議書を作る必要が無いので、比較的スムーズに銀行手続きを進めることができます。なお、この場合でも、銀行所定の用紙や戸籍などの添付は必要であり、用紙の提出から払い戻しや名義変更手続き自体の期間は通常どおり2週間程度はかかります。