奈良市・生駒市で遺産相続・遺言・成年後見・終活相談は、オフィス彩りへ

相続・遺言・成年後見・高齢者支援を専門にした女性専門家が親身に対応

奈良の遺産相続・遺言相談オフィス彩り

日本行政書士会連合会 第13280909号 奈良県行政書士会 第827号 代表者 行政書士長森 和奈

イーワイロドリ  

0120-18-1610

相続手続きお困りごとQ&A
   ~不動産名義変更編~

よくあるご質問

ここでは不動産の名義変更に関してよくあるご質問をご紹介します。

不動産の名義変更にはどのような書類が必要?

相続関係の分かる戸籍一式、住民票、相続人の印鑑証明、遺言書か遺産分割協議書などが必要です。

当事務所では、不動産の登記手続きを提携の司法書士が対応しますのでご不明な点がありましたらお気軽にお尋ねください。

名義変更をせずに放っておいたら何か問題があるの?

いまはよくても、次の相続、その次の相続で手続きがややこしくなる可能性があります。

相続登記をしないからといって、すぐに問題となるケースは意外と少ないかもしれません。特に、相続人が同居の家族ひとりだけという場合などは実質的に困ることはあまりないため名義変更をされていらっしゃらない方が多いと感じます。固定資産税の通知も、相続人宛に届くようになるので納税していれば住み続けるぶんには問題はないでしょう。ただ、もし次に相続が発生した場合や、相続人が複数いる場合は、時間が経てば経つほど実際に相続登記の準備をする時に余計な手間がかかることがあります。さらにその家を処分する場合も、結局は一旦名義変更手続きをしなければならないという面倒さもあります。一般的には相続を重ねるごとに相続関係も複雑となることが多いので、遺産分割協議書への捺印作業が進まなかったり、戸籍の取り寄せ作業が増えたりと将来にしわ寄せがいく可能性があると考えたほうがよいでしょう。